カテゴリ:未分類( 102 )


長崎「中町教会」


この地で1957年3人の少年を含む宣教師・信徒たち26人が磔の刑に処せられました。これら殉教者の功をたたえ国内外の篤志を集め1897年(明治35年)に創建されました。昭和20年(1945年)8月9日の原爆投下により、外壁と尖塔を残して焼失しましたが、昭和26年10月、その外壁と尖塔をそのまま生かして再建されました。このため、貴重な被爆遺構として長崎市の指定を受けています
e0020957_22392980.jpg
e0020957_22400314.jpg

[PR]

by jopparit | 2017-11-29 22:40 | Comments(0)

長崎県黒島の大聖堂


相浦港からフェリーで黒島にわたりました。黒島は約5,3平方キロ・人口約650人の小島です。黒島には、江戸時代の迫害を逃れて移住してきた隠れキリシタンが多く住民の90%はキリスト教徒だと言われています。大聖堂はパリ外国宣教会から主任司祭として赴任したフランス人 マルマン神父の指導と信徒らの献金および奉仕により1902年に建設されました。
e0020957_12245282.jpg
墓地には立派な教徒の墓がありました。
e0020957_14095584.jpg
e0020957_12270009.jpg
公園になっていますが、ここで「踏み絵」が行われたそうです。
e0020957_12301799.jpg

[PR]

by jopparit | 2017-11-15 12:16 | Comments(0)

多摩森林科学園の桜


平地の桜も盛りを過ぎた一日、まだ咲き誇る花を多摩森林科学園にたずねました。山の中腹に計画的に設けられたなだらかな坂道をたどると、園に植えられた数百種の桜が目を楽しませてくれました。
e0020957_18372497.jpg
e0020957_18375181.jpg
e0020957_18381817.jpg
e0020957_18383809.jpg
e0020957_18390157.jpg

[PR]

by jopparit | 2017-04-26 17:04 | Comments(0)

ドバイ湾岸クルーズ(ドバイ)

ブルジュ・ハリファ

世界一高い地上828メートル,422メートルの展望台からドバイの街を眺めました。

e0020957_15494611.jpg




e0020957_15500151.jpg

ドバイモール

1200店舗以上が集まった世界最大のショッピング&アミューズメントモール

カフェやレストランだけでも1500以上が構えています。


e0020957_15501694.jpg
ドバイ水族館
世界最大の水槽で数千匹もの魚の群れの回遊は圧巻でした。
e0020957_15503262.jpg
ゴールドスークには金の指輪が飾られていました。
金の指輪は世界最大21K、重さ63KG 外輪700mm 内輪490mm・・・と解説していました。
e0020957_15510863.jpg
金の装飾品
アラブの女性は身を隠しますが、その分、金などの派手な装飾品が好きだそうです。
金の肌着などは、結婚式の当日に1回着用するだけだそうです。
e0020957_15512479.jpg
ジュメイラモスク
ドバイで最も美しいといわれているムスリムによるモスク
真っ白いドームと二本のミナレットを持ちファーディマ朝時代の伝統を生かしながらもモダーンなイメージも抱かせるモスクです
e0020957_15514295.jpg
船から見たドバイ市街です。埠頭には輸入された日本車が並べられていました
e0020957_15515514.jpg

[PR]

by jopparit | 2017-01-27 16:05 | Comments(0)

ドバイ・アラビア湾岸クルーズ(ハッサブ)

オーマンの飛び地、ハッサブに寄港、船は沖止めのためテンダーボートで上陸しました。

上陸後、かってのインド洋交易で利用されたダウ船でフィールドクルーズにでかけました。

海底に沈んでいた部分が大きな地震で隆起し海上にせり出したもので、急激な崖や幾重にも重なる断層は自然の厳しさや自然の織り成す匠の美しさを見事に描き出していました。


e0020957_22144513.jpg

e0020957_22153777.jpg

e0020957_22151614.jpg


サメが数頭現れ船と並行して泳ぐものもいました。

e0020957_22160051.jpg


e0020957_22161599.jpg

[PR]

by jopparit | 2017-01-25 23:41 | Comments(0)

六義園の秋

六義園には外国人を含む多くの人々が紅葉を求めて訪ねていました。
園内は紅色・黄色・薄緑・様々な色の葉が入り乱れ晩秋の気配を漂わせていました。

e0020957_11173745.jpg

e0020957_11182579.jpg

e0020957_1119347.jpg

e0020957_128182.jpg

e0020957_1285357.jpg

e0020957_1293539.jpg

秋です

e0020957_11204393.jpg

e0020957_1122021.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-11-29 11:14 | Comments(0)

地中海クルーズ1

イタリアローマのチビタベッキア港から地中海、イタリアの2つの島、エルバ島とサルディーニャ島を訪ね、イタリア本土の高級保養地ポルトフィーノヘ寄港しスペインのバルセルナに至る船の旅をしました。
途中、シケのため激しい揺れはあったものの、快適なクルージングでした。

e0020957_22492310.jpg

船はチビタベッキヤ港を出港、最初の目的地、エルバ島のポルトフェライオ港に接岸しました。
この町はナポレオンが戦いに敗れて送られたところです。
私どもの認識ではこの地に「流され」幽閉生活を送ったと考えていましたが、事実は退位したあとも皇帝の称号を用いる権利を、連合国によって公式に認められ、この地の統治を許されたとのことです。
城塞がみられました。1500年代にイタリーのメディチ家によってたて築かれた城塞です。
エルバ島には「鉄鉱石」が産出したため、しばしば海賊等の襲撃を受け防御のために築かれたものです。

e0020957_22514482.jpg

500前に建てられたエルバ島最大の大聖堂「聖母マリや教会」です。
ナポレオンが、ここでお祈りをして「私の人生に不可能なことはなかった」とつぶやいたとのことです。
「不可能の言葉はない」と言ったと理解していたのですが

e0020957_2254431.jpg

e0020957_22545171.jpg


ナポレオンの住居「ムリーニ宮殿」です
ナポレオンは大の読書家で自分を「書簡の男」と呼び、700冊の本を持ち込んだとのことです


e0020957_21181372.jpg

ナポレオンが利用したベッドと夫人用ベッドです。ナポレオンは夫人に来るように何度も催促しましたが、ハプスブルグ家出身の夫人はナポレオンのところには戻りませんでした。
ドレスはナポレオンが最も愛した妹「パウリーヌ」が着用したものです。

e0020957_21201877.jpg


[PR]

by jopparit | 2016-11-07 22:43 | Comments(0)

日本庭園です

昭和記念公園の日本庭園はすっかり秋の姿でした。
静かな雰囲気の中で心の癒される思いでした。

e0020957_1021278.jpg
e0020957_1024122.jpg

e0020957_1033175.jpg

e0020957_1041143.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-10-26 20:58 | Comments(0)

秋の足音

彼岸花が咲き、銀杏の実が境内いっぱいに広がり秋は間違いなく忍び寄ってきているようです。
e0020957_21323644.jpg

e0020957_2134388.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-09-26 21:34 | Comments(0)

ところざわ「百合園」

雨がそぼ降る曇りがちな空を不安な気持ちで眺めながら「所沢の百合園」に出かけました。
新宿から池袋、池袋から西武池袋線で「西武球場前駅」まで。駅から百合園までの道路の百合は蕾のまま、一層の不安を抱えて園に入りました。
ところが、入園して「見晴の丘」に行くと中腹には色とりどりの百合の花が綾なして咲き乱れまさに圧巻の相を呈していました。
ところざわのゆり園は、約3万平方メートルの自然林に50種・約 45万株の百合が早咲き遅咲きと長期間カラフルな色で優雅に咲き続けるとのことです。.

e0020957_21282536.jpg

e0020957_21301671.jpg

e0020957_21312693.jpg

e0020957_21315667.jpg

e0020957_21322282.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-06-07 21:32 | Comments(0)
line

日々の雑感を書き留めます


by jopparit
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31