カテゴリ:旅( 127 )


ウラジオストックの旅

第一次世界大戦中に起こったロシア共産革命に対する干渉作戦として、日本軍が1918年から1922年まで出兵したウラジオストックに、当時の歴史を訪ねたいと34日の旅に出かけました。

ウラジオストックは極東の軍港として長く閉鎖された町でしたが、ソ連崩壊後は、閉鎖都市指定が解除され一般に開放されました。20129月にはルースキー島でロシアAPECが開催され、首脳会議の会場となった町です。

ロシア政府はAPEC開催に備える形で、ルースキー島連絡橋の建設やウラジオストク国際空港の改修を行うなど、大規模な開発が進められております。

2012年に完成した「金角湾黄金橋」です

e0020957_22050402.jpg

ニコライ皇太子凱旋門1891年ニコライ皇太子(後のニコライ二世)が日本を訪問(大津事件あり)して、シベリア鉄道起工式のためウラジオストックを訪れた際に記念碑として建設されました。この凱旋門は1920年にソビエト政権により破壊されたが、ソ連崩壊により2002年に再建さ。れました。
e0020957_22070935.jpg
第二次世界大戦の戦没者慰霊碑です
e0020957_22094124.jpg
無名要塞と言われている要塞です。山の上に構築され湾に向かって砲台が据え付けられていました。
e0020957_22012847.jpg
横浜正金銀行の建物で今は博物館となっています。一階には見慣れた「金庫」が置かれていました。また、町には「二葉亭四迷」が滞在したところ、日本の商店・日本人小学校・日本総領事館・本願寺跡などなど日本に関係のあった遺跡が散在していました。(往時の面影のみられないものもありました)
e0020957_22170071.jpg
学校の校庭には「与謝野晶子」の碑や仏像がありました
e0020957_22190110.jpg
第一次世界大戦中に活躍した日赤の看護婦さんたちです。ここを経由して欧州に向かったそうです・
e0020957_22215548.jpg
ウラジオストックの駅舎です1912年に建設されたネオロシア様式の駅舎です・
e0020957_22240984.jpg
シベリア鉄道の起点標識です。ウラジオストックからモスクワまで9288キロ(5泊6日の列車の旅)です。「与謝野晶子」はこのからシベリア鉄道に乗り「鉄幹」の後を追ったのでした。
e0020957_22264138.jpg

[PR]

by jopparit | 2017-07-29 22:02 | | Comments(2)

ドバイ・アラビア湾岸クルーズ


船ではクルーズ中、様々な演芸を催し、旅の疲れを癒してくれました。
サーカス・手品・ダンスなどなどですが、その一部です。


[PR]

by jopparit | 2017-01-26 10:04 | | Comments(0)

アラビア湾岸クルーズ(マスカット)

23日は終日航海 ペルシャ湾とオーマン湾の間のホルムズ海峡を通りマスカットに向かいました。24日オマーンのマスカットに到着。

オマーンは古い良きアラブの雰囲気の残る町です。

港に接岸できないためテンダーボートに乗り換えて上陸しました。

e0020957_20184168.jpg

スルタン・カプース・グランド・モスクです。

インドから持ってきた砂岩やオマーンの大理石、さらにはイタリアのカッラッラーの大理石、ミャンマーの木材で作られた様々な文化やデザインが融合したモスクです。イスラム教を世界に伝えるために作られたモスクです。

e0020957_20212229.jpg

e0020957_20215087.jpg

入場時間に間に合わず中には入れませんでした。
モスクを観光後
カプース国王の王宮で写真ストップをしました。
現在の国王は保守的な父の政治に反対し、クーデターで政権を奪取し教育、医療を最優先的事項として力を注ぎ国民から愛されているとのことです。


e0020957_21341695.jpg





[PR]

by jopparit | 2017-01-24 20:09 | | Comments(0)

ドバイ・アラビア湾岸クルーズ

2017年月20日から29日まで10日間「ドバイ・アラビア湾岸クルーズにでかけました。キャセイパシフィック航空で香港へ、午前01時30分香港で乗り換えてドバイへ。(午前6時50分ドバイ国際空港)着ドバイ観光後乗船し、クルーズが始まりました。ドバイでは、世界最大の人口島パーム・ジュメイラをドライブしてアトランティスホテルを訪ねました。古代文明アトランティスをテーマに、様々なエンターティント施設が揃っており、客室からは、美しいアラビア湾や高層ビルが立ち並ぶドバイ市街が一望できるそうです。
e0020957_21420203.jpg
ドバイ半日観光後に乗船しました。いよいよ「クルーズが始まります。MSCファンタジア号乗客定員  3274人乗組員   1370人総トン数  137,936トン
e0020957_22413738.jpg
航路はドバイ→アブダビ→マスカット→ハッサプ→シルバニヤ島→ドバイとホルムズ海峡をめぐるクルーズです
e0020957_10175416.jpg
1月22日早朝船はアブダビに入港しました。午前はアブダビの観光をしました。世界で最も美しいといわれるモスク(シェイク・ザイート・ピン・スルタン・・・・モスク)です真っ白いドームと2本のミナレットを持ち、ファイマ朝時代の伝統を生かしながらもモダーンなイメージのするモスクです。総工費6000億円以上、インドからの白亜の大理石で造られたものだそうです。82個あるドームの頂上には24金の玉が飾られ、シャンデリアは世界第一、約9トンのスワロスキー製でキラキラ輝いていました。
e0020957_22183112.jpg
e0020957_22191580.jpg

[PR]

by jopparit | 2017-01-21 21:42 | | Comments(0)

大山詣で

秋の一日、神奈川県の大山詣でをしました。
古典落語も取り上げられた大山は賭け事の神様として江戸の庶民の人々に尊敬された神社です。
バスからケーブル駅までの階段の参詣道が急で休み休み息切れしながら登りました。

e0020957_1644306.jpg

e0020957_1645233.jpg

e0020957_16453452.jpg

e0020957_16462377.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-11-21 16:35 | | Comments(0)

那須高原への旅

「炎のビュッフェレストラン“Meke”と爽快1600mの那須ロープウエイ」と題するはとバスの旅をしました。
午前7時30分新宿を出発。東北自動車道を北上那須ICから那須高原へ向かいました。
新宿を出る時は雨がちな天気も北上するにつれ青空がのぞきはじめ、那須に着いたときはすっかり天候も上がっていました。
午後4時頃には閉店が予定されるので、まずは買い物ということで、「ザ・チーズガーデン五峰館」に入りました。皆さん試食を楽しみながら結構乳製品をお土産に買っていました。私もチーズケーキを買いました。

e0020957_901684.jpg

次に那須の恵み“Mekke”で昼食をとりました。バイキング様式でしたが、温かいステーキが売り物でした

e0020957_10125198.jpg

食後、園内を回るロードトレインで「りんどう湖」を回りました。園内にはレいろいろなジャー施設があり、多くの家族が楽しんでいました。

e0020957_94496.jpg

那須連山の主峰、茶臼岳には山腹から山頂にかけてロープウェイが架けられ、那須岳を中心とする那須連山の裾野に広がる那須高原。茶臼岳、朝日岳などが望まれました。

e0020957_9102849.jpg

e0020957_9111223.jpg

e0020957_9114382.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-10-22 08:58 | | Comments(0)

山梨県の清里高原

平成28年6月1日に山梨県清里高原を訪ねました。
e0020957_2135515.jpg

e0020957_2144786.jpg

清里の「ソフトクリーム」は湯名です。脂肪分たっぷりでした。
e0020957_2165677.jpg

e0020957_2175277.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-06-01 20:59 | | Comments(0)

アヴィニオンの町(5月2日)

プロヴァンス地方の中心地アヴェニオンの法王庁の宮殿です。
大講堂や教皇の寝室、牛を4頭焼くことのできるキッチンやコンクラーベの間などがありました。

e0020957_1927543.jpg

e0020957_19281960.jpg

サン・ベネセ橋
「アヴィニョンの橋で踊ろよ、踊ろよ…」と歌われた12世紀の橋。世界遺産に登録されています

e0020957_2020114.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-05-02 19:28 | | Comments(0)

アルルの町(4月30日)

船はビゼー作曲「アルルの女」で知られているアルルに着きました。
船を降りると画家が「アルルの女」らしい女性をキャンバスに描いていました

e0020957_1892360.jpg

「アルルの女」の舞台の闘牛場です(内部は見られませんでした)
e0020957_1811294.jpg

1888年にゴッホが描いた「夜のカフェテラス」のモデルになったカフェです。
e0020957_18153544.jpg

ゴッホが耳を切り落とした際に運ばれた病院です。
キャンバスはゴッホの作品です

e0020957_18193429.jpg

(参考)
「アルルの女」の概説
南フランス豪農の息子フレデリは、アルルの闘牛場で見かけた女性に心を奪われてしまった。フレデリにはヴィヴェットという許嫁がいるが、彼女の献身的な愛もフレデリを正気に戻すことはできない。日に日に衰えていく息子を見て、フレデリの母はアルルの女との結婚を許そうとする。それを伝え聞いたヴィヴェットがフレデリの幸せのためならと、身を退くことをフレデリの母に伝える。ヴィヴェットの真心を知ったフレデリは、アルルの女を忘れてヴィヴェットと結婚することを決意する。2人の結婚式の夜、牧童頭のミティフィオが現れて、今夜アルルの女と駆け落ちすることを伝える。物陰からそれを聞いたフレデリは嫉妬に狂い、祝いの踊りファランドールがにぎやかに踊られる中、機織り小屋の階上から身をおどらせて自ら命を絶つ。

[PR]

by jopparit | 2016-04-30 18:19 | | Comments(0)

トゥルノンの町(4月29日)

フランスのトゥルノンの町です。ワインの交易で栄えました。
中世の町並みを色濃く残しています。
e0020957_21515757.jpg

町の中心部にある14世紀に建てられた「聖ジュリアン教会」
e0020957_21545038.jpg

世界で初めての「つり橋」です
e0020957_2156176.jpg

演奏を聞きながら地元特産のワインを味わいました
e0020957_21593858.jpg

e0020957_220495.jpg

山のブドウ畑です
e0020957_222117.jpg

[PR]

by jopparit | 2016-04-29 21:48 | | Comments(0)
line

日々の雑感を書き留めます


by jopparit
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30