<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


スペインの「カディス」につきました

船はアガディールを後にして大西洋を北上し、スペイン本土の「カディス」に到着しました。
カディスの町は紀元前10世紀頃、地中海交易で活躍していたフェニキア人が築いた大西洋に面する港湾都市です

紀元前より貿易港として栄え、現在も工業製品やぶどう酒など様々な商品が積み出され、アフリカなど各地へ向かう船も発着しています。

8世紀にムーア人が侵攻して以来イスラム教徒の土地でしたが、レコンキスタ(キリスト教徒の国土回復運)にょりキリスト教徒の土地となったところです。したがって今でもいたるところにイスラムの痕跡が残っています。
大聖堂ももとはモスクとして使われていた建物だったのをミナレットを鐘楼に改造する等イスラム建築の痕跡を色濃く残しています。
e0020957_16155674.jpg


ここには、有名なシェリー酒「ティオペペ」の醸造所があります。
蔵には輸出している各国の旗を刻印し樽が積み上げられており広く全世界に普及されていることがわかります。
e0020957_16263181.jpg

[PR]

by jopparit | 2012-12-30 16:27 | | Comments(0)

モロッコのカスパの町「タルーダント」です

ランサローテ島を後にして終夜クルーズ後モロッコのアガディール港に入港しました。
下船してバスで2時間後、城壁に囲まれたカスパの町「タルーダント」に着きました。
この町は16世紀に造られた町です。
e0020957_21453170.jpg

町は、車・バイク・埃がたちこめたアラブの町並みでした。
スーク(市場)には野菜・果物・繊維製品などが並べられていました。
e0020957_21481835.jpg

現地の人が履く「バーブシュ」が綺麗な刺繍をして展示されていました。
e0020957_21503863.jpg

昼食には、モロッコ名物の「タジン鍋」を食べました。
タジンには羊肉が使われ、甘味をますためプルーンが一緒に煮込まれていました。
e0020957_21542146.jpg

[PR]

by jopparit | 2012-12-29 21:56 | | Comments(1)

スペイン領のランサローテ島です

マディラ島に続きランサローテ島に到着しました。
18世紀の大規模な火山活動によって造られた溶岩台地と300以上のクレーターが見られる典型的な火山島です。
島の東部にあるティマンファヤ国立公園には約200km²にわたって大規模な火山地形が広がっていました。

e0020957_22212473.jpg


ラクダが客待ち顔をしていました

e0020957_22223997.jpg


雨量の少ない島では、溶岩で囲み中央にブドウの苗を植え付け、夜露をためて水分を補給していました。
また、ところどころにこの町の出身者セサール・マンリケさん(建築家)のデザインで、案内標識が建っていました

e0020957_2230527.jpg

[PR]

by jopparit | 2012-12-25 22:36 | | Comments(1)

船中の催し

夕食後は船の中央のフロアでダンスに興じたり、カフエでグラスを傾けながら楽しそうに会話を交わしていました。

日本のご婦人も袴姿で若いイケメンの船員さんとダンスに興じていました。
船長さんも出てきて船客に愛想を振りまいていました

e0020957_12592289.jpg

[PR]

by jopparit | 2012-12-23 13:01 | | Comments(0)

テネリフェ島(カナリヤ諸島)

リスボンを出航し、ポルトガル領の「マディラ島」を観光し終日クルーズ後スペイン領の「テネリフェ島」に到着しました。
島は本土から約1000㎞、アフリカ大陸から約100㎞にありカナリヤ諸島に属し面積は2,034平方キロ、人口は89万人です。
世界遺産に登録されたテイテ国立公園があります。
公園には奇岩群があり、また噴火でながれた溶岩台地は別世界にいるような気がしました。
「ガルシャロック」の名はこのあたりにいた「羊飼い」の名に由来するそうです。

e0020957_2052347.jpg


溶岩でできた平野(谷)は「ユーカンカの谷」と言うそうです

e0020957_20533167.jpg

[PR]

by jopparit | 2012-12-22 20:56 | | Comments(0)

マディラ島に寄りました

終日クルーズ後ポルトガル領マディラ島のフンシャルに寄港しました。
人口14万、面積74平方キロメートルで奄美大島位の島です。
カナリヤ諸島では一番大きな島です。
コロンブスが大航海の途次に寄ったということでコロンブスの肖像が高台に建てられていました。
e0020957_2294068.jpg

名物の「ドボガン」を体験しました。屈強な男性二人が舵を取り坂道を橇で急速で下っていきます。
もともとは高台の町から下の町に住人や荷物を送り届けるためのものだったそうです
「ヘミングウエイ」も体験したとのことですがなかなかスリリングなものでした。
e0020957_22272159.jpg

次いで市場に行きました。
いろとりどりの花や野菜・果物、そして魚市場ではこのあたりしか獲れない「黒太刀魚」が並んでいました。
e0020957_22414549.jpg

疲れたので喫茶店のテラスで音楽を聴きながらお茶を飲みました
e0020957_22425191.jpg

[PR]

by jopparit | 2012-12-19 22:47 | | Comments(2)

リスボンの「ジェロニモス修道院」です

航海に先立ち「リスボン」の観光」をしました。
世界遺産の「ジェロニモス修道院」です。
マニュエル様式の最高の傑作だそうです。
大航海時代の貿易から得た富で建築されたと説明を受けました。
バスコダガマや有名な詩人の霊廟がありました。
e0020957_21524167.jpg

内部は整然とされ、金をちりばめた祭壇や見事な彫刻をちりばめた回廊が素晴らしいものでした。
e0020957_21575777.jpg

[PR]

by jopparit | 2012-12-17 22:01 | | Comments(1)

カナリア諸島の旅

20数年前に訪れたカナリヤ諸島が懐かしく再度訪れてみました。
24年11月28日から12月までのクルーズの旅でした。
e0020957_1817296.jpg

船は68.870トンのラグジュアリー船「クリスタル・セレニティ」でゆったりとした旅でした。
e0020957_1824227.jpg

[PR]

by jopparit | 2012-12-17 18:28 | | Comments(0)
line

日々の雑感を書き留めます


by jopparit
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31