<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ヤロスラブリの教会

ヴォルガ本流沿いにあるヤロスラブリの「聖イリヤ教会」です。
聖堂の内部には美しく学術的価値の高い内部装飾があり世界遺産に登録されています

e0020957_22304481.jpg

e0020957_22355455.jpg

スパソ.プレオプレオラジェンスキ0修道院です
修道院の入り口には、第二次世界戦争で亡くなった方々をしのぶ「栄光の火」がともされていました。
e0020957_22441726.jpg

ヴォルガ河とコータラス河の合流する公園です
e0020957_22501127.jpg

母なる大河ヴォルガ河にあるモニュメントです。
e0020957_22551520.jpg

[PR]

by jopparit | 2014-05-20 22:26 | Comments(0)

140519ボルガの船旅

ベーロエ湖畔ゴリツィにある、北の要塞修道院「キリルベロスキー修道院」です。
16世紀に貴族の女性の修道院として建てられました。
また、争い攻め込んでくる各民族やポーランドの人々への要塞役を果たした修道院です。
18世紀に繁栄しましたが、やがて衰退しロシア革命後はこの修道院を国有化し博物館となりました

e0020957_21295095.jpg

e0020957_21301934.jpg

e0020957_21304759.jpg

[PR]

by jopparit | 2014-05-19 21:30 | | Comments(1)

140515ボルガの船旅(その2)

キジ島の教会(ポクロフスカヤ教会)
1690年に落雷で焼失、1714年再建されました。
22の玉ねぎ型ドームを持ち釘1本使わないという幻想的な木造建築です。
島には風車や小さな教会など木造建築群が散在し長い歴史を感じさせられました。
島全体が世界遺産に指定されています。

e0020957_21302171.jpg

e0020957_21305372.jpg

e0020957_21313450.jpg

e0020957_21321081.jpg

教会の内部に描かれた「イコン」です
イコンは必ず平面です。これは聖書に書かれている偶像崇拝の否定と関わっているとのことです。
イコンは単に宗教芸術であるばかりではなく、地上と天国の窓であり神の国を映す鏡と考えられています。

e0020957_22222166.jpg

[PR]

by jopparit | 2014-05-18 21:25 | | Comments(0)

140515ボルガの船旅

新緑のロシア大地を訪ねてボルガの船旅をしました。
成田からフィンランド航空でヘルシンキまで10時間、乗り換えてサンクトペテルブルクまで1時間10分。ホテルで宿泊後市内観光をしました。
ピョートル大帝が妻のエカテリーナ1世のために建てさせた「エカテリーナ宮殿」を観光。金箔や鏡で飾られた大広間やナチスドイツに持ち去られ数年前に復元された琥珀の間などを感嘆交じり見て回りました。琥珀の間は残念ながら撮影禁止でした。

e0020957_19501761.jpg

e0020957_2234492.jpg

e0020957_22343622.jpg

続いて「エルミタージュ美術館」を参観しました。
フランスの「ルーブル美術館」・スペインの「プラド美術館」とともに世界の3大美術館の一つに数えられている美術館です。
エカテリーナ2世が1775年に建設しました。

e0020957_22315768.jpg

大使の階段。ロマノフ朝の時代、各国大使はこの階段を通って皇帝に謁見をしていました。また歴代ロシア皇帝の正規の住まいである冬宮の入り口部分です。
 1917年のロシア革命(十月革命)時にはボリシェヴィキ革命軍もここから突入し、臨時政府の閣僚たちを逮捕しました。

e0020957_2234495.jpg

歴代ロシア皇帝の玉座。後ろにはロマノフ王朝の紋章「双頭の鷲」がみられました。

e0020957_22352898.jpg

館内には「ダヴィンチ」はじめ「ラファエロ」「ベラスケス」等々有名な作品が展示されていました。
e0020957_22365822.jpg

5月⒗日クルーズ船「あなべら号」に乗船し、サンクト・ペテルブルクからモスコーまで約700キロ6泊の旅にでます。
民族衣装のカップルに迎えられました。パンを千切って十字をきり旅の安全を祈りキャビンに入りました。

e0020957_15555188.jpg

e0020957_15562348.jpg

クルーズのサービス係員です
e0020957_15575795.jpg

時には民謡をサービスしてくれました

e0020957_15593529.jpg

サンクト・ペテルブルクとモスコー高低差約200メートル幾多の水門を通り船は進みました。
e0020957_17458100.jpg

あなべら号では、ロシヤの歴史講座やロシア料理講座などが開かれましたが、民謡は皆さんの盛大な拍手を受けていました。
画面をクリックすると大画面になります。


琵琶湖の10数倍もあるヨーロッパ最大の湖「ラド湖」を航行し、マンドロギにつきました。
マンドロギは詩人プーシキンが、「おとぎ話の不思議な世界」をテーマ・パークにして島作りをした町です。船がマンドロギに着いたときから、おとぎ話の雰囲気が漂っていました。
可愛いロシア娘がロシア人形(マトリョウシカ)を作っていました。
昼食には昼食のロシア風バーベキュー「シャシリク」を食べました。

e0020957_21355599.jpg

e0020957_21362791.jpg

e0020957_21365747.jpg

[PR]

by jopparit | 2014-05-15 22:30 | | Comments(2)

神代植物園のバラ

今年も神代植物園には数々のバラが咲きました。
春のバラは活き活きと新鮮な感じがします。

e0020957_23243020.jpg

e0020957_23275248.jpg

[PR]

by jopparit | 2014-05-14 23:19 | 四季 | Comments(0)

青梅の塩船観音

                塩船観音「護摩堂」を望んでの山の様子です。

私の「goo」のブログもご覧ください。

http://blog.goo.ne.jp/tjoppari




[PR]

by jopparit | 2014-05-09 10:08 | 四季 | Comments(0)

青梅の「塩船観音のつつじ」

青梅の「塩船観音寺」に「つつじ狩り」をしてきました。
中央の山頂に平和観音様が青空に聳え、お寺を囲むような山麓には赤・白・紫など
いろいろな色のつつじの花が咲いていました。

e0020957_2202629.jpg

e0020957_221106.jpg

2010年に開創1350年祭を記念して、丘の頂上に「塩船平和大観音像」が建立されました。
観音さまと一面に咲き乱れる「つつじ」…。
その眺めは寺を中心に全貌が眼下に展開され見事なものでした。

e0020957_2251776.jpg

e0020957_2261036.jpg

e0020957_2272724.jpg

招福の鐘と呼ばれる大梵鐘。「南無観世音菩薩」と念じながら、ゆっくりと鐘をつくと
開運・除災のご利益があるそうです

e0020957_2284147.jpg

「つつじ」の各相です
e0020957_22115390.jpg

[PR]

by jopparit | 2014-05-04 21:58 | 四季 | Comments(0)
line

日々の雑感を書き留めます


by jopparit
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31