郷土の森公園(府中)

府中郷土の森公園に蝋梅を訪ねました。公園は冬の様相で寂寥としていましたが一部早咲きの梅が綻んでいました。
蝋梅はちょうど見ごろで、皆さんカメラを向けて鑑賞していました。

e0020957_2213186.jpg

e0020957_22135558.jpg

e0020957_949140.jpg

e0020957_2215194.jpg

e0020957_22152314.jpg

[PR]

# by jopparit | 2017-01-16 22:17 | 四季 | Comments(0)

港七福神めぐり

2017年1月6日地元の皆さんと港区の七福神めぐりをしました。
午前9時半に千歳烏山に集合して新宿まで京王線に乗り、大江戸線に乗り換えて「六本木駅」で下車。
最初の神社「天祖神社」に詣でました。
七福神めぐりはこれを起点に「久國神社」「宝珠院」「熊野神社」「桜田神社」「氷川神社」「大法寺」「十番稲荷」と続きました。
街のなかに建てられているため、ビルに囲まれ迷ったところもありました。
また、一部「桜田神社」と「大法院」などは距離が長く、坂もあるため疲労を強く感じたところもありましたが、一人の落伍者もなく全員お参りを済ませました。

e0020957_1503815.jpg

e0020957_1512347.jpg

e0020957_1524543.jpg

e0020957_1534433.jpg

e0020957_1542093.jpg

e0020957_155068.jpg

e0020957_1552225.jpg

e0020957_156592.jpg

e0020957_1562320.jpg

e0020957_157296.jpg

e0020957_1573156.jpg

e0020957_158689.jpg

e0020957_15163788.jpg

[PR]

# by jopparit | 2017-01-06 14:05 | 日記 | Comments(0)

平成29年の初春です

平成29年初春、深大寺に詣でました。参詣者が多いため横から遥拝して勘弁してもらいました。
ついで、神代植物園に行きました。園内ではお嬢さんが二人、琴を奏で正月の雰囲気を漂わせていました。お正月の代表的な”春の海”は最初に演奏したため聞きそびれました。
園内の梅林にある「蝋梅」はようやく咲きはじめ春が来たのを告げていました。


[PR]

# by jopparit | 2017-01-03 11:00 | 四季 | Comments(0)

六義園の秋

六義園には外国人を含む多くの人々が紅葉を求めて訪ねていました。
園内は紅色・黄色・薄緑・様々な色の葉が入り乱れ晩秋の気配を漂わせていました。

e0020957_11173745.jpg

e0020957_11182579.jpg

e0020957_1119347.jpg

e0020957_128182.jpg

e0020957_1285357.jpg

e0020957_1293539.jpg

秋です

e0020957_11204393.jpg

e0020957_1122021.jpg

[PR]

# by jopparit | 2016-11-29 11:14 | Comments(0)

大山詣で

秋の一日、神奈川県の大山詣でをしました。
古典落語も取り上げられた大山は賭け事の神様として江戸の庶民の人々に尊敬された神社です。
バスからケーブル駅までの階段の参詣道が急で休み休み息切れしながら登りました。

e0020957_1644306.jpg

e0020957_1645233.jpg

e0020957_16453452.jpg

e0020957_16462377.jpg

[PR]

# by jopparit | 2016-11-21 16:35 | | Comments(0)

地中海クルーズ1

イタリアローマのチビタベッキア港から地中海、イタリアの2つの島、エルバ島とサルディーニャ島を訪ね、イタリア本土の高級保養地ポルトフィーノヘ寄港しスペインのバルセルナに至る船の旅をしました。
途中、シケのため激しい揺れはあったものの、快適なクルージングでした。

e0020957_22492310.jpg

船はチビタベッキヤ港を出港、最初の目的地、エルバ島のポルトフェライオ港に接岸しました。
この町はナポレオンが戦いに敗れて送られたところです。
私どもの認識ではこの地に「流され」幽閉生活を送ったと考えていましたが、事実は退位したあとも皇帝の称号を用いる権利を、連合国によって公式に認められ、この地の統治を許されたとのことです。
城塞がみられました。1500年代にイタリーのメディチ家によってたて築かれた城塞です。
エルバ島には「鉄鉱石」が産出したため、しばしば海賊等の襲撃を受け防御のために築かれたものです。

e0020957_22514482.jpg

500前に建てられたエルバ島最大の大聖堂「聖母マリや教会」です。
ナポレオンが、ここでお祈りをして「私の人生に不可能なことはなかった」とつぶやいたとのことです。
「不可能の言葉はない」と言ったと理解していたのですが

e0020957_2254431.jpg

e0020957_22545171.jpg


ナポレオンの住居「ムリーニ宮殿」です
ナポレオンは大の読書家で自分を「書簡の男」と呼び、700冊の本を持ち込んだとのことです


e0020957_21181372.jpg

ナポレオンが利用したベッドと夫人用ベッドです。ナポレオンは夫人に来るように何度も催促しましたが、ハプスブルグ家出身の夫人はナポレオンのところには戻りませんでした。
ドレスはナポレオンが最も愛した妹「パウリーヌ」が着用したものです。

e0020957_21201877.jpg


[PR]

# by jopparit | 2016-11-07 22:43 | Comments(0)

日本庭園です

昭和記念公園の日本庭園はすっかり秋の姿でした。
静かな雰囲気の中で心の癒される思いでした。

e0020957_1021278.jpg
e0020957_1024122.jpg

e0020957_1033175.jpg

e0020957_1041143.jpg

[PR]

# by jopparit | 2016-10-26 20:58 | Comments(0)

昭和記念公園のコスモス

曇り日の多い毎日でしたが、たまたま前日の雨から上がった翌日、昭和記念公園に出かけました。まず、円内のロード汽車に乗り込み、コスモスの丘に。
天候不順のためか、やや勢いがなく、まだらな咲き様でしたが、丘いっぱいに展開されたコスモスは、秋の盛りを告げていました。

e0020957_20455568.jpg

e0020957_20463236.jpg

黄いろい「こすもす」は満開でした

e0020957_2048522.jpg

[PR]

# by jopparit | 2016-10-26 20:43 | | Comments(0)

神代植物園のばら

神代植物園では10月31日までバラフェスタが開かれていました。
秋のバラは、色が鮮やかで、香りも良いと言われていますが不順な天候のせいか、今年の秋バラは、いまいちの感じでした。

e0020957_19275911.jpg

e0020957_19372431.jpg

e0020957_19343976.jpg

e0020957_19352189.jpg

e0020957_1933962.jpg

[PR]

# by jopparit | 2016-10-26 19:21 | | Comments(0)

那須高原への旅

「炎のビュッフェレストラン“Meke”と爽快1600mの那須ロープウエイ」と題するはとバスの旅をしました。
午前7時30分新宿を出発。東北自動車道を北上那須ICから那須高原へ向かいました。
新宿を出る時は雨がちな天気も北上するにつれ青空がのぞきはじめ、那須に着いたときはすっかり天候も上がっていました。
午後4時頃には閉店が予定されるので、まずは買い物ということで、「ザ・チーズガーデン五峰館」に入りました。皆さん試食を楽しみながら結構乳製品をお土産に買っていました。私もチーズケーキを買いました。

e0020957_901684.jpg

次に那須の恵み“Mekke”で昼食をとりました。バイキング様式でしたが、温かいステーキが売り物でした

e0020957_10125198.jpg

食後、園内を回るロードトレインで「りんどう湖」を回りました。園内にはレいろいろなジャー施設があり、多くの家族が楽しんでいました。

e0020957_94496.jpg

那須連山の主峰、茶臼岳には山腹から山頂にかけてロープウェイが架けられ、那須岳を中心とする那須連山の裾野に広がる那須高原。茶臼岳、朝日岳などが望まれました。

e0020957_9102849.jpg

e0020957_9111223.jpg

e0020957_9114382.jpg

[PR]

# by jopparit | 2016-10-22 08:58 | | Comments(0)
line

日々の雑感を書き留めます


by jopparit
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31